特有のモチモチ食感が魅力の生麸には、様々な種類があります。
そこで今回は、「枝豆」について紹介したいと思います。

【目次】
1、 「枝豆」の材料
2、 「枝豆」の特徴について
3、 「枝豆」のおすすめの食べ方

【「枝豆」の材料】
小麦グルテン(国内製造)、枝豆、もち米粉、もち米加工品(もち米粉、砂糖)、(一部に小麦を含む)

【「枝豆」の特徴について】
生麸本来のモチモチとした食感や歯切れの良さをご堪能いただける、全国各地の料亭でも愛用されている商品です。
生地に枝豆を練りこみました。枝豆が粒で入っているので食感を楽しめます。
薄い緑色が初夏を思わせます。
枝豆は、エネルギー、脂質、良質なたんぱく質を多く含んでいます。ビタミン類、食物繊維やカルシウム、鉄分などに多くの栄養素を含んでおり大豆には少ないB-カロチンやビタミンC を含むのが特徴です。夏バテ防止・疲労回復にも効果的です。

【「枝豆」のおすすめの食べ方】
1、生麸を1㎝の厚さに切りフライパンに油を引いて、お好みで塩コショウを振り、少し焦げ目がつく程度に焼いてください。
2、生麸を1㎝の厚さに切りフライパンに油を引いて、焦げ目が少しつく程に焼いて甘辛味噌をつけて田楽にしてお召し上がり下さい。
3、生麸を1㎝角の厚さに切りお雑煮やぜんざいのお餅の代わりにお使いください。
4、生麸を1㎝の厚さに切り焼いたりソテーして、おろし醤油でお召し上がりください。