生麩の製造・販売を行うなまふの店麸秋「お知らせ・コラム」ページです

お知らせ・コラム

生麩の串カツ

外はサクサク、中はモチモチです。 【目次】 1、 材料(4人分) 2、 作り方 3、 コツ・ポイント 【材料】 お好きな生麸    2本 小麦粉       適量 パン粉       適量  卵         2個 串         生麩の数分 卵         4個   油                   【生麩の串カツの作り方】 ①生麩をカットします。一口サイズがいいです。 ②切った生麩を串にさします。 ③小麦粉、卵、パン粉の順につけます。 ④170度の油で、衣がきつね色になるまで揚げます。 ⑤お好みでレモンを添えて出来上がり! 【コツ・ポ

生麩のぜんざい

モチの代わりに生麩を使ってカロリーダウン! 【目次】 1、 材料(2人分) 2、 作り方 3、 コツ・ポイント 【材料】 お好きな生麩   食べる分だけ 小豆缶       適量 砂糖        適量 水         適量    【生麩のぜんざいの作り方】 ①生麩は半解凍の状態でお好みの厚さに切り分ける。 ②小豆缶に砂糖・水を加え鍋で煮る。 ③生麩はフライパンかトースターで焼く。 ④鍋に入れて少し煮たら完成 【コツ・ポイント】 生麩は半解凍の状態が切りやすいです。

生麩「ごま」

特有のモチモチ食感が魅力の生麩には、様々な種類があります。 そこで今回は、「ごま」について紹介したいと思います。 【目次】 1、「ごま」の材料 2、「ごま」の特徴について 3、「ごま」のおすすめの食べ方 【「ごま」の材料】 小麦グルテン(国内製造)、もち米粉、もち米加工品(もち米粉、砂糖)、黒ごま、(一部に小麦を含む) 【「ごま」の特徴について】 生麩本来のモチモチとした食感や歯切れの良さをご堪能いただける、全国各地の料亭でも愛用されている商品です。 生地に黒ごまを練りこみました。ごまの食感と香ばしい香りが特徴です。 ごまには、主成分の脂質やタンパク質の

「生麩」とは??

【目次】 1、 生麩ってどんな食べ物? 2、 生麩は体にいいの? 3、 まとめ 【生麩ってどんな食べ物?】 生麩とはどんな食べ物か知っていますか?乾燥麩とは違ってモチモチした食感が特徴の生麩は さまざまな食べ方が楽しめる食材です。生麩の原材料はグルテンともち米粉です。 グルテンは小麦粉に含まれるたんぱく質のグリアジンとグルテニンが絡み合ってできるものです。 このグルテンが、生麩には欠かせないものとなっています。 生麩は古くから、精進料理の食材の一つとして使われています。 【生麩は体にいいの?】 生麩は、脂質を含まないので低カロリーで消化吸収の良い食品です

生麩「よもぎ」

特有のモチモチ食感が魅力の生麩には、様々な種類があります。 そこで今回は、「よもぎ」について紹介したいと思います。 【目次】 1、 「よもぎ」の材料 2、 「よもぎ」の特徴について 3、 「よもぎ」のおすすめの食べ方 【「よもぎ」の材料】 小麦グルテン(国内製造)、もち米粉、もち米加工品(もち米粉、砂糖)、よもぎペースト、(一部に小麦を含む) 【「よもぎ」の特徴について】 生麩本来のモチモチとした食感や歯切れの良さをご堪能いただける、全国各地の料亭でも愛用されている商品です。 生地によもぎを練りこんでいるので、よもぎの香りもよく、鮮やかな緑色をしています

生麩の卵とじ丼

鶏肉の代わりに生麩を使います。 干しシイタケの香りと甘辛味がよく合います。 【目次】 1、 材料(4人分) 2、 作り方 3、 コツ・ポイント 【材料】 生麩         ハーフサイズ 干しシイタケ     3枚 冷水         1カップ タマネギ       1/2個 切りミツバ      1パック 卵          4個 だし汁Ⓐ       11/2カップ みりんⒶ       大さじ2 しょうゆⒶ      大さじ2 酒Ⓐ         大さじ1 砂糖Ⓐ        大さじ1    【生麩の卵とじ丼の作り方】 ① 生麩は半解凍の

生麩「あわ」

特有のモチモチ食感が魅力の生麸には、様々な種類があります。 そこで今回は「あわ」について紹介したいと思います。 【目次】 1、「あわ」の材料 2、「あわ」の特徴について 3、「あわ」のおすすめの食べ方 【「あわ」の材料】 小麦グルテン(国内製造)、もち米粉、もち米加工品(もち米粉、砂糖)、もちきび、もちあわ、(一部に小麦を含む) 【「あわ」の特徴について】 生麩本来のモチモチとした食感や歯切れの良さをご堪能いただける、全国各地の料亭でも愛用されている商品です。 生地にあわときびを練りこみました。つぶつぶとした食感が特徴です。 あわには、ビタミン・ミネラル